ダイナミックダンボール

【ダイナミックダンボールってどんなもの?】
その名前の通り、大きめの箱を使って親子で取り組む、ダイナミックな工作教室です。 家や船、お店や車…家族の個性が作品に現れます。
大人もハマるダンボール工作教室です。

「自由に作ってください!どうぞ!」
と言われると、大人は困ってしまうものです。
しかし子どもたちは、大きめのダンボールの箱を見た瞬間から、
「これ作ってみたい!」とイメージを膨らませ続けているはずです。
「お父さん!飛行機作るねん!」
「お母さん、お店やさん作ろうや」
と言ってきた子ども達に、大人は力をかさずにはいられません。
開始後20分で、親子の会話も弾み、会場は一気にヒートアップします。
その中で
「お、ガムテープ一人でちぎれるようになったやん!」
「カッター使ってるな。見てると危なっかしいけど、一枚ちゃんと切れたやん!」
という発見があったり、いろいろと会話も生まれます。
遊びは本当にたくさんありますが、「作る事」も遊びの一つに加えて楽しんでみませんか?
【どんなものができるの?】
作品はほんの一例です。子どもたちの人数だけ、作品の種類があります。
dd_01 dd_02 dd_03 dd_04 dd_05 dd_06 dd_07 dd_08 dd_09 dd_10 dd_11 dd_12
【何を使って作るの?】
基本的には自由工作ワークショップと同じ道具を使います。
【ダイナミックダンボールの概要】
■ 対象
5才くらい~小学校と その保護者

■ 実施場所
児童館、小学校体育館

■ 実施対象人数
親子5組~30組程度

■ 実施時間のめやす
1.5~2時間程度

■ ご用意いただくもの
各自治体の処分方法に従ったゴミ袋、濡れぞうきん、(ブルーシート)
※ブルーシートは床の素材等、場所により別途ご相談ください。

■ 搬入・搬出について
大阪市近郊は、普通車、もしくはトラック(1.5t)で運びます。
駐車場から会場までが遠い場合、お手伝いをいただいたり、台車をお借りする場合もございますので、あらかじめご了承ください。
この講座は荷物が多くなりますので、大阪近郊以外の遠方の場合は、運び方などはご相談ください。

■ 講師人数について
講師は1名を派遣いたします。

■ 大まかな流れ(例)
(導入)15分程度
・自己紹介
・ダンボールクイズ等のダンボールのお話
・これから使う道具の説明
(製作)1時間程度
・箱に入ったり、親御さんと相談しながら何を作るか考えます。
(振り返り)
・それぞれの作品を友達同士で見せ合い、お互いの作品のいいところを見つける
・自分の作品を発表する
・ペアを組み、お互いの作品をプレゼンし、いい所を〇個見つけて渡してあげる
これらの流れは一例ですので、人数や時間、その時のご要望なのでカスタマイズします。

■ 料金についてのめやす
・メイン講師・・・30,000円
→進行やスタッフの打ち合わせなど全体の調整をします。
・スタッフ・・・10,000円
→子どもたちを見守り、アドバイスをしたり、ほめたり等の声掛けをしますが、基本的には見守ります。
・材料費・・・600円/人
→実施する工作の内容などによって前後します。
・交通費・・・実費
→高速代や電車代などの実費分です。
・送料・・・実費
→遠方などで郵送する場合に発生します。
→往復分の送料が必要です。

※兄弟での参加がある場合、2人目以上の参加の子どもたちの材料費については別途ご相談ください。
※講師代、材料費は目安です。講座の内容や参加人数に応じてご相談ください。

■ お支払いについて
・現地で現金代引き
・お振り込み
※領収書があらかじめ必要の方は事前にお申し付けください。

■ 保険について
基本的には講座の主催者様で加入をお願いいたします。

【お問い合わせ】
お問い合わせ